LEDは電力消費量が少なく耐用年数が長い

照明機器の一種であるLEDは電球や蛍光灯と比べると電力消費量が非常に少ない特徴があります。また、耐用年数も長いことから工業施設の照明として使われてきました。LEDの光は拡散しにくい性質があるので、スポットライトのように遠くまで明るく照らす目的でも多用されていたのです。製造コストが嵩むことから一般にはあまり知られていなかったLEDですが、技術の進歩によって量産が可能になったことから家庭用の照明として爆発的に普及したのです。少ない電力で長く使える特徴が高く評価され、現在では住宅用の照明機器の多くにLEDが用いられています。光が拡散しにくいことからリビングのような広い空間には不向きとされていましたが、家庭用のLEDは光の拡散率を向上させているので不便さは感じられません。

LED特有の欠点について

電気代が節約できるうえに長持ちするので交換する必要がほぼ無いのがLEDの利点ですが、その一方でLEDならではの欠点も存在します。LEDが他の照明機器と大きく異なる点は、頻繁なスイッチの切り替えに弱いことです。LEDは長時間の光の照射を前提とした機器なので、わずかな間にスイッチを何度も切り替えると性能が落ちてしまいます。住宅ではトイレや浴室など、短時間でスイッチを切り替える部屋がLEDに不向きと言えます。また、LEDは衝撃に弱く、少しぶつけただけでも大きく劣化します。住宅での取り付け作業の他、小売店での陳列の際にも衝撃を受けている可能性があるので購入の際は十分に注意しなければいけません。

ledパネルは遠くからでも見やすく、店頭に設置すると利用者にアピールできるため売上を伸ばすきっかけになることがメリットです。