ポスターの内容と合った色を選ぶ

色にはそれぞれ、連想されるイメージがあります。赤は情熱や活発、青は清潔や冷静、紫は高級や厳粛といった具合です。そのため、ポスターの内容とこれらの色のイメージが合致していることが重要です。たとえば清涼飲料水を宣伝するポスターなのに赤色を多く使用したり、ポップな内容のポスターなのに濃い紫色を多く使用したりしてしまうと、内容と色のイメージが合致せず統一感のないポスターになってしまいます。また、色の明るさにもイメージがあります。明るい色ほど柔らかく軽い印象を与え、暗い色ほど硬く重たい印象を与えます。そのため、色の明るさにも注意して配色を行いましょう。

文字を配色する際には可読性に注意

ポスターの配色では文字の可読性にも気をつける必要があります。自由気ままに好きな文字色にしてしまうと文字の可読性が下がり、情報を伝えるというポスター本来の目的がないがしろになってしまいます。文字の配色は背景とセットで考えることが重要です。基本的には背景色と文字色の明るさの度合いが離れているほど文字は読みやすくなります。そのため、一番明るい色である白色の背景に、一番暗い色である黒色の文字を合わせるのが一番読みやすい組み合わせになります。逆に黄色と白色はどちらも明るい色なので、背景色と文字色の組み合わせでは避けた方がいいでしょう。また、写真の上に文字を配置する場合には特に注意が必要です。写真には実にさまざまな色が使われているので、ある場所では文字が見えやすくても、また別の場所では色合いや明るさが同じで見えづらくなることもあります。そのため、全ての文字が読みやすいか注意しなければなりません。

折り込みチラシ等を印刷する際に、安く印刷出来るのが激安コピー印刷です。製本、ポスター、ハガキ等が印刷出来ます。