ECサイトを作るのは難しい?

「プログラミングなんてわからない」「なんだか難しそう」といった理由でECサイトの作成を諦めてしまう方も多いのではないでしょうか?実はECサイトって、無料で提供されているASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)を使えば誰でも簡単に作れちゃうんですよ。

ASPってなに?利用するメリットは?

ASPとは、業務用アプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客に提供してくれる事業者、もしくはサービスのことです。ECサイト向けのASPには買い物かごや決済、配送などの機能がすでに搭載されているため、設定するだけで簡単にECサイトを作ることができます。ブラウザ上でシステムの構築から運用、管理まで行ってくれるため、プログラミングの知識も必要ありません。

個人でもたった15分でECサイトが作れる!

ASPを使えば、たった15分程度でECサイトを作れます。まず、無料のASPにECサイトのアドレス、メールアドレス、パスワードなどを登録します。ECサイトのアドレスには、自分のショップのURLなどを設定しましょう。次に、商品の登録を実施します。登録項目は、商品名や価格、商品の紹介文などです。最後にECサイトの背景テンプレートやカラーを選択してデザインを決定して公開すれば、ECサイトの完成です。

成功するECサイトを作るには?

販売商品を充実させるのはもちろんのこと、商品の活用法やスタッフのコラムなど、特集記事を掲載させると人気が上がりやすくなります。また、商品の説明動画を載せるのも効果的です。商品販売以外でも楽しめるコンテンツを充実させて、成功するECサイトを作りましょう。

基幹システムは主に、企業が行う生産から販売、またそれに伴う企業としての根幹となる業務システムのことを指します。