iphoneの修理はこれで安心!

iphoneが故障すると修理はどうすればいいか不安になります。慌てないためにもシンプルな修理の流れを紹介します。修理店は保証サービスや高い技術力などのメリットが多くある正規店(メーカー直営店や正規サービスプロバイダ)に行きましょう。自分でしておくとスムーズなのが「iphoneのバックアップをとる」「iphoneを探すというセキュリティをオフにする」「予約をする」の3点です。これをしておくだけでもかなりの時短になります。修理の基本的な流れは、受付を済ませた後に、故障具合を確認してもらいます。内容や在庫があれば当日修理をしてくれます。メーカーの修理センターへ送ることになった場合は、5~7営業日ほどで修理が完了するので正規店に取りに行くのが基本の流れになります。

もう懲り懲り!画面のひび割れを防ぐには?

修理の内容で多いものに「画面のひび割れ」があります。うっかり携帯を落として画面にひびが入ってしまうことはありますよね。カバンの上の方に乱雑に入れておいたり、ズボンのポケットなどに入れて行動していたりすると、急いでいるときに落としがちです。カバンであれば、iphoneサイズの内ポケットが付いていることも多いので整理して入れておくと良いですね。男性などカバンをあまり持たない方は落下時の衝撃を全て吸収してくれる保護ガラスフィルムを画面に貼ることを特におすすめします。女性にはお洒落なデザインが多いアメリカ初のiphoneカバーがおすすめです。iphoneの表面、背面両方に直接貼るプロテクトシールで衝撃からガードしてくれます。いずれの場合も「絶対に割れない」ということではありません。画面のひび割れに懲りたら、iphoneを丁寧に扱うのが一番の早道と言えそうです。

日常生活に欠かせないiphoneがもし故障した場合、修理を依頼するにはメーカー元、通信会社、修理店の3つから選ぶことになります。自分でiphoneの修理をすると、さらに大きな故障につながるので止めたほうが良いです。