安易な画像の利用はサイトを重くさせるだけ

ウェブサイトはできるだけ速く表示するようにした方が閲覧者に好まれます。では、具体的にどのようにすれば速く表示されるようになるのでしょうか。

まず挙げられるのが、重いファイルをできるだけ省くということです。たとえば、サイトの印象をよくしようと綺麗な風景や女性の画像をトップページに貼っているサイトが結構ありますが、そういった画像を削除すれば、その分、表示速度は上がります。そもそも、綺麗な写真を表示したら印象がよくなるかどうかは人それぞれであり、解像度の荒い風景画像を貼りつけるとジャギーが目立って汚い印象を与えてしまい、かえって逆効果ということもあり得ます。

したがって、できるだけ配色やレイアウトなど、CSSのみでカスタマイズできることでデザイン性を向上させるようにした方がいいでしょう。

スクリプトを利用する場合の注意点

スクリプトを利用しすぎないということも重要です。スクリプトを使うとサイト上で様々な動きを演出することができるので、閲覧者に非常にリッチな印象を持ってもらうことができますが、あまりにも凝りすぎると、閲覧者が利用しているパソコンに負荷がかかり、それだけで表示が遅くなってしまいます。スクリプトはユーザビリティを向上させるものに絞った方がすっきりしますし、閲覧者のパソコンへの負荷も抑えられます。

それと、外部サイトを利用する形でのファイルの読み込みにも要注意です。たとえば、SNSのタイムラインをサイト上で表示させるというものがありますが、この場合、SNSサービスからスクリプトを読み込むことになります。すると、その分、通信が余計に発生し、サイト全体の表示速度が極端に落ちることがあるのです。

コーディングは、プログラムのソースコードを書く作業を意味します。その際には計算機に指示をだす際に用いられるプログラム言語を用います。