マーケティングオートメーションとは?

インターネットの普及によって、情報収集方法や購買プロセスの変化がおこりました。これによって、個々の顧客に合わせたサービスが求められています。複雑化した業務は、人の手だけでは足りなくなり、作業を自動化する必要がでてきました。
マーケティングオートメーションとは、この時代に適した企業の活動において、膨大なコストと時間かかっていた複雑な処理や作業を、自動化させて効率を高める仕組みのことを指します。

メリットその1データなどの統合管理ができる

営業やマーケティングの仕事をしている人は、エクセル、ワードなどのオフィスソフトや、取引先の名刺や書類に至るまで、別々のツールを利用して、管理がバラバラになっている会社が多くあります。この情報を整理するだけで、膨大な時間がかかり残業をしている会社員を多く見てきました。
マーケティングオートメーションのツールを取り入れることによって、統合的な管理と施策の実施が可能になりました。

メリットその2他の部署と連携できる

営業やマーケティングに関わるデータや機能が一か所にデータ化されているので、今までできていなかった他の部署との情報の共有や、施策の連携がスムーズにできるようになり、業績を上げるのに会社全体で効率化できるようになり、高い成果を期待できることになります。

メリットその3個々の顧客のニーズに対応できる

営業活動とマーケティング双方からの情報を共有化することによって、個々顧客のニーズに合わせた対応も格段に実施しやすくなります。顧客の要望は日々変化していきます。そして、ライバル会社の情報もデータベースに入力することにより、自社の弱点も浮き彫りになります。マーケティングオートメーションツールを活用すれば、早急な対応を打つことができます。

マーケティングオートメーションはMAとも言われ、マーケターの日々の作業の自動化、効率化に留まりません。匿名の人の属性や消費行動や頻度等を分析し、見込み客から上顧客に育て上げる為の、情報提供ツールです。